HOME インフォメーション一覧>インフォメーション詳細

インフォメーション

その他

2010.05.17

TBSドラマ『新参者』人形町商店街レポート 第五話

 

 

 みなさん、いかがおすごしでしょうか?

 

ここ人形町は爽やかな五月晴れがつづいています。

新参者ロケ序盤には満開だった桜も新緑に移りかわり、清々しい風に揺れています。

 

 

 

トップページの動画にもある「からくり櫓」(江戸火消し)の他に、道路を挟んだ水天宮よりにもう一つの「からくり櫓」(江戸落語)があります。毎時00分に創作小咄「人形町の由来」が流れ、小咄に沿った江戸町人達が現れます。

 

そして通りの向かいに見えるのは・・・・!?

 

 

 

 

大黒屋さんの上に見えるのは、「Doll Town」の看板!

 

ここは青山亜美がつとめる仮想のタウン誌「Doll Town」の編集部としてつかわれた事務所です。

空室をドラマの撮影につかっています。

 

 

 

 

 第二話レポートでもご紹介しましたが、年四回のペースで発行される実在のタウン誌 「にほんばし人形町」 は組合加盟店、協賛店の店頭でお配りしています。また、当ホームページからもダウンロード出来ます。 

  

 

編集制作を担当しているオフィス クレールさんにお邪魔しました。

 

 

オフィス クレール

 

 

 

 

  

 

ご苦労をうかがってみたところ、ちょっといい話を聞きました。始発前の早朝取材という苦労話でしたが・・・

 

『雨にも負ケズ、50年。街の歴史とともに・・移動八百屋さん』

Vol.96 夏号 ←クリック  3ページ枠内記事  

 

人情の缶コーヒーは格別の味でしょうね。

 

人形町での取材は下町の人情に触れることが多いそうです。

 

 

クレールさんのオフィスです。 ここで編集作業が行われています。

 

 

 

 

下の写真の方が、人形町界隈ではちょっとした顔・・・

一緒に買い物に行くと、なにかと得をするらしい?・・・ 

そして、人形町商店街をずっと見守ってくれている・・・ 

タウン誌「にほんばし人形町」 編集記者の秋山さんです。

 

ちなみに・・・青山さんと・・・一文字違いです

 

 

 

オフィス クレールの皆様、 お忙しいところご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

第五章 

洋菓子屋の店員

 

 

 

噂の安産祈願の犬の置物。ドラマのアイテムとして何度か登場しています。

 あたまを撫でるとご利益が・・・・スゴク可愛いですね♥

どこで手に入るのか? ・・・ あらためてレポートいたしますのでお楽しみに!

 

 

 

 

三井峯子と青山亜美が初めて出会うシーンでクアトロのシュークリームが話題になっていましたね。

シュークリームといえば、人形町にある、あのお店!

連日、行列のできる店!「シュークリー」さんのレポートをお届けします。

 

 

人形町 シュークリー

 

 

大人気のシュークリームがケースに並ぶ時間には、ご覧の通りの行列ができます。

 

 

 

 

 店に入ると正面のショーケースには各種ケーキが綺麗に並んでいます。

他にも香ばしい焼き菓子、チョコレート、手作りのジャムやゼリーが・・

まるで宝石箱のようです。

 

 

 

 

 人気のシュークリームは・・・うりきれ必至です

 

 

 

 

 

30分で ・・・ ガッカリ なんてことも!

 

 

 

 

胡麻のチュイールがアクセントのサックリとした皮としっかりとしたクリームの組み合わせは最高!

オーナーが胡麻好きだったことから生まれたシュークリー自慢の逸品!

ほんとに美味しいものにありつける幸せをみなさんもつかんでください。

 

 

 

 

今回、特別に作っているところを見せてもらいました。

 

 

プレートの上に均一にシュー生地を絞ります。

シュー生地の上に胡麻のジャムのようなものをトッピング・・・その手早さはさすが職人技!

 

 

 

 

はじめに右側のオーブンで下からの火力で焼きあげます。さらに左側の熱風のオーブンで焼き、

合わせて約1時間半もかけてじっくりと焼きあげます。こだわりのWオーブン(勝手なネーミングです。)

これで、サクサクとしたシュー皮が焼きあがります。(甘く香ばしい香り♥♥♥)

 

 

 

 

生クリームとカスタードクリームをブレンドして・・・・ 

(このままクリームだけ食べてみたい衝動が・・・)

  

 

 

 

 焼きあがったシュー皮の底からクリームを注入します。

クリームの量も重量チェックをしながら手早い動きです。

規格外のものは、はねられます。

 

 

 

 

そして、綺麗にお化粧をして シュークリームの完成!!

 

 

 

 

菓子作りは想像する以上に力仕事、しかも繊細さも求められる仕事。パティシエを志した仲間達も厳しさにドロップアウトする者が多いそうです。シュークリーの若きパティシエは「お客さんに並んで貰える店で働けることがとても嬉しい!と話してくれました。

 

 若きパティシエ、パティシエールのみなさんのまぶしい笑顔最高のシュークリームです!!

 

 ※写真撮影時のみ、ヘアーネットを外してます。

 

 

 取材中、私の嗅覚を刺激したのはコレ甘酸っぱい苺の香りに心が乱れました!

(ケーキのソースかと思いきや・・・)

 

 

 

 

 

 

そのまま、瓶詰にされ コンフィチュール(オリジナルの手作りジャム)

(欲しい・・・今度、買いに行きます!)

 

他にもお店で手作りのケーキや焼き菓子がたくさんありますよ!

 

 

 

 

 

 またまた、全員集合!!

 

 

タイトルの「洋菓子屋の店員」ショップ マネージャーは一番左にちゃんと写ってます! 

 

ちなみに、シェフパティシエは写真撮影になるといつも見当たりません。

 

 シュークリーのみなさん、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

人形町 シュークリー

 

中央区日本橋人形町1−5−5 セントハイム人形町源1F

 電話:03−5651−3123  営業時間:9:30〜19:00  

定休日:日曜日(クリスマス・バレンタイン等を除く)  

  

 

 

それでは、 次回をお楽しみに!

一覧へ戻る